【第五人格】ヴァイオリニスト・アントニオ立ち回り解説と評価|対策方法や内在人格のおすすめも徹底解説!【identityV】

Uncategorized

アントニオってどんなハンター?

アントニオは中級者から上級者まで戦えるハンター!

初心者おすすめ度★★☆☆☆
序盤★★★☆☆
救助狩り性能★★★★☆
ダブルダウン性能★★★★☆
暗号機圧★★☆☆☆
通電前★★★☆☆
通電後★☆☆☆☆
総合評価A

基本情報

外在特質

戦慄の旋律
アントニオは世界の旋律を弾くことで魔の音を生み出す。
魔の音はサバイバーが触れると以下の効果を受ける。

魔の音
1/2/3段階の魔法の音は移動速度を4/8/12%解読・回復速度を15/30/50%低下させる。
魔の音に脅かされたサバイバーは心を落ち着ける必要がある。
24メートル以内に他のサバイバーがいない場合、瞑想する事で魔の音を緩和できる。

形態変化(スキル)

名前存在感CT
奏鳴曲07秒(弦楽設置時は13秒)
狂想曲100014秒
無窮動2500なし

奏鳴曲

指定された位置に最初の音符を生み出し、5秒内に再びスキルを発動し、2つ目の音符を設置する。二つの音符は繋がり戦慄の弦楽を生成する。

弦楽は13秒間その場に生成されるが、生成された瞬間のみダメージを与えることができる。

命中したサバイバーには通常攻撃1回分のダメージを与えると共に魔の音を一層重ねる。
サバイバーは弦楽に一度触れると、5秒間は再度触れても魔法の音の層は重ならない。

 

狂想曲

アントニオは9秒継続する演奏モードに切り替わる。
演奏中サバイバーに攻撃を直接与えない限り、通常攻撃・溜め攻撃中問わず移動が可能となり、攻撃の際に音符を放つ。
音符はオブジェクトを貫通してアントニオの向いている方向に直進し、音符に被弾したサバイバーは魔の音が一層重なる。

 

・無窮動

戦慄の弦楽中心点付近20メートル以内では、アントニオは弓を投げて弦楽を弾き、

弾かれた反対側方向に平行振動させ、すぐに消える弦楽を10本作り出す。

弦楽に命中したサバイバーは通常攻撃1回分のダメージを受ける。

間隔エリアにいる場合はダメージを受けない。

戦慄の弦楽一本につき、一度のみ発動できる。

アントニオの立ち回り解説!

アントニオはファーストチェイスが大事!

アントニオは通電後に複数のサバイバーを同時に追えるような機動力を持ったハンターではありません。

通電後は一人を追い切ってダウンさせるのがやっとでしょう。

遠方のサバイバーへの攻撃手段がなく、暗号機圧もかけにくいハンターです。

なので、通電させずに勝つことがアントニオを使用するにあたって目指すべき目標となります。

音符を使いこなそう!

アントニオは弦楽によって攻撃硬直を発生させずに1ダメージを与えることが出来ます。

弦楽の当て方は大きく分けて3種類となります。

 

一つ目は、サバイバーのチェイスルートを予想して先に音符①を設置して、

音符①と自身でサバイバーを挟み、足元に音符②を置くことによって戦慄の弦楽を発生させ、サバイバーに1ダメージを与える方法。

恐らくこれが一番簡単で確実な方法です。

一つ目

 

二つ目は、一つ目とは逆で、足元に音符①を設置して音符②をサバイバーの移動先に設置し、戦慄の弦楽を発生させて1ダメージを与える方法。

調香師の香水使用後等におすすめです。

二つ目

 

三つ目は、一つ目と同じく、サバイバーのチェイスルートを予想して先に音符①を設置して、音符②を音符①とサバイバーを挟むように設置することによって、戦慄の弦楽を発生させて1ダメージを与える方法。

一つ目に紹介した方法で、サバイバーを挟み込めないと判断した際に使うのがおすすめです。

三つ目
撮影協力者:きつねさん

アントニオの攻撃判定は狭い?

全ハンターの中で一番と言って良いほど攻撃判定が狭いです。

前への攻撃判定の狭さに加え、横の攻撃判定もかなり狭いです。

至近距離で横に逃げられない様に攻撃するよう意識しましょう。

溜め攻撃は攻撃硬直が少し長めですが、攻撃判定はかなり広くなり使いやすいです。

ここぞという場面では溜め攻撃を使いましょう。

存在感が溜まってからは狂想曲を駆使してチェイスしよう!

狂想曲で音符を3回当てればサバイバーの足の遅さは12%遅くなります

常時監視者のような足の遅さとなるのでサバイバーに追いつくことが容易となります

狂想曲の無限の射程がたまたま解読中のサバイバーに当たれば解読の妨害にもなります

狂想曲を積極的に使いましょう

アントニオの救助狩りは戦慄の弦楽を確実に当てる!

アントニオは、戦慄の弦楽で一撃当ててから通常攻撃でしとめることによって、

救助狩りを狙うことができます。

中距離キャンプよりもフェイスキャンプを行い、近づいてきた救助者へ確実に戦慄の弦楽を当てられるようにしましょう。

椅子の横に音符①を設置して、椅子を挟むように音符②を出すと当てやすくておすすめです。

救助狩り

 

上記以外にも内在人格の狂暴を3振って椅子前に監視者を置き

狂想曲状態でサバイバーを中距離で殴って減速効果を与えて弦でダウンを取る方法や

存在感MAX後は無窮動を当ててから通常攻撃でダウンをする方法などがあります

アントニオ【監視者+狂暴3振り】

様々な救助狩り方法を覚えておけばパーティー毎に最適な救助狩り方法を考えたり

救助狩りは出来なくても最低でもダブルダウンを取れる方法を使いましょう

フェイスキャンプ中に狂想曲を使って解読妨害を行おう!

フェイスキャンプ中には、狂想曲を使い、揺れている暗号機に音符を飛ばして解読妨害を忘れずに行いましょう。

狂想曲中に飛ばした音符の射程は無限なのでガンガン使いましょう。

また、狂想曲中に救助に来るサバイバーを見つけた場合は、そのサバイバーに音符を当てて減速させ、椅子耐久を5割以上へ越えさせることを目指しましょう。

1人飛ばした後は暗号機を固める意識!

アントニオは機動力があるとはいえないので、暗号機間の距離が遠いと複数の暗号機に同時に解読圧をかけることができません。

1人脱落させた時に、残り暗号機が2台以上の場合は、守りたい暗号機を3つ決めて

その暗号機を守るように行動しましょう。

暗号機が残り4台以上の場合は、1人を追い切っても問題無いですが、

残り暗号機が3台以上の場合は、後半のことを考え、1ダメージを与えた時点で暗号機からサバイバーが離れた場合は、暗号機に戻って暗号機を守りましょう。

存在感がMAXになったら無窮動を使いこなそう!

アントニオは存在感が最大まで溜まると、無窮動が解放されます。

無窮動は音符を2つ設置して生成された旋律の弦楽の横に立つことで、

反対側に弦楽を10本飛ばします。

無窮動から発生する弦楽の間には攻撃判定が無いので過信は禁物ですが、複数のサバイバーにダメージを与えられる強力な攻撃ですので是非使いこなしましょう!

複数ダウン

通電前は戦慄の弦楽でダウンを取って、無窮動か通常攻撃で中治りを無効化しよう!

通電前に、通常攻撃でサバイバーをダウンさせてしまうと攻撃硬直が発生し、

サバイバーに逃げられてしまいます。

攻撃硬直のない、戦慄の弦楽でダウンが取れるように狙いましょう!

通電前

通電後は一人ずつ確実にダウンさせよう!

アントニオは、複数のサバイバーを同時に追いかける性能はありません。

1人ずつ確実にダウンを取って、余裕があれば他のサバイバーを追いましょう。

アントニオのおすすめ内在人格!

アントニオの人格は右上型と右下型がおすすめ!

アントニオはとにかく目の前のサバイバーを早くダウンさせ、

救助狩りやダブルダウンを狙う必要があります。
板を割る速度が上昇する破壊欲に人格を割り振って、サバイバーにチェイスをさせ辛くしましょう。

また、救助狩りや椅子耐久5割を超えさせるため、コントロールに割り振ってサバイバーの救助リズムを崩すようにしましょう。
5割超えでダブルダウン等ができた試合は理想的な試合運びとなり、かなり優位に立ち回れるでしょう。

また、上記画像で割り振っている獣の檻の争いに関しては、

サバイバーやマップ次第閉鎖空間に変えることをオススメします。

通電後のアントニオは、1人のサバイバーを追うのが精一杯な事が多いので、

引き止めるを採用するよりも通電前に勝ち切ることを目指しましょう。

コントロールの他に、指名手配もオススメです!
救助者や解読者が指名手配で見えたら、
その方角へ狂想曲で音符を飛ばして、救助妨害や解読妨害を狙うことが出来ます。
サバイバーを脱落させた際も、他のサバイバーがどこに居るのかを視認できるので、次のチェイスに早く入れるメリットがあります。

今最もスタンダードな右下型

監視者の強化や弦の弱体化によって通電前に仕留め切るのが少し難しくなった

また、右上型と比べると通電後の足の速さも人格の愚弄により早くなり

右上よりも通電後にダウンがさせやすいのも魅力的

状況によっては通電後でも二人以上サバイバーをダウンさせることが出来る

アントニオのおすすめ特質!

監視者か巡視者がおすすめ!

巡視者

アントニオと巡視者の相性は最強です。
アントニオの弱点は、ファーストチェイスが長引いてしまう事と、

距離をとったチェイスをされるとサバイバーになかなか追いつけないという点です。
しかし、巡視者を使えばサバイバーに追い付けるだけでなく、
旋律の弦楽でダメージを与えてから通常攻撃で即ダウンが狙えます。

アントニオ【巡視者を使ったファーストチェイス】

チェイス中に巡視者を使わなかった場合でも、キャンプ中に救助者が来る方向を予測し巡視者を出して、遠距離で噛み付いてから狂想曲で音符を当て、魔の音を重ねて足を遅くしてやりましょう。
そうする事により4割で救助される事を阻止出来ます。

アントニオ【巡視者での救助阻止1】
アントニオ【巡視者による救助阻止2】
アントニオ【巡視者+存在感MAX】
撮影協力:やりゅたんさん、きつねさん

・監視者

アントニオと監視者の相性は抜群です!

機動力、索敵能力がないアントニオは
チェイスがし辛いだけでなく、解読妨害が出来ないという弱点があります。
監視者はその弱点を殆ど補ってくれます。

監視者のある場所ではサバイバーは約10%足が遅くなります。

それに加え、魔の音を3つ重ねれば更に12%足が遅くなるので、サバイバーはチェイスするのがとても難しくなります。
また、暗号機に監視者を設置すると、ほとんどのサバイバーは監視者を解除してから解読を行います。
なので、監視者を解除しているサバイバーに狂想曲で音符を当てておいて、
魔の音も解除しないと解読効率が悪い状態になるよう仕向けましょう。

 

アントニオ【監視者】

アントニオの対策は魔の音をよく見ること!

※こちらはサバイバー向け情報です。

 

アントニオと対峙するときは一個目の魔の音をどこに出したかを見て、

二個目の魔の音を次にどこに設置するかを予測してチェイスすることが重要です。
自分よりも後ろに魔の音がある時は、アントニオから直線状に離れて二個目の魔の音を出す方向を見ておいて、二個目の魔の音を出された方角と反対方向に逃げられるようにしておきましょう。
前に魔の音を出された時は、アントニオに近寄ると通常攻撃をもらってしまうので、弦楽の繋がらないところまで逃げる、距離をとったチェイスを意識しましょう。

アントニオ対策
撮影協力:きつねさん

アントニオの強みは

魔の音を重ね、移動速度や解読・回復速度に遅延をかけてくることです。

魔の音は泣き虫の魂と同じように壁、板間を貫通してくるので、アントニオが見えていない時でも油断は禁物です。

味方が解読している近くで椅子に吊られてしまうと、救助者だけでなく、解読中の味方にまで魔の音を重ねられる危険が高まりますので、チェイス者は暗号機から離れた位置でダウンするように心がけましょう。

無窮動による波状攻撃は、弦楽の線の外側に逃げるよう意識します。

弦楽の内側から逃れられない場合は、弦楽間はダメージ判定がないので、落ち着いて間に入りましょう。

アントニオ【無窮動の避け方】

まとめ

アントニオは索敵能力が低く、いかに早くサバイバーと接敵し仕留めるかが鍵のハンターです。

戦慄の弦楽を用いたチェイス妨害は強力ですが、距離を取られると弱いので、注意して設置するようにしましょう。

コメント

  1. […] 【ヴァイオリニスト】アントニオ […]

タイトルとURLをコピーしました