【第五人格】写真家ジョゼフ立ち回り解説と評価|対策方法や内在人格のおすすめも徹底解説!【identityV】

Uncategorized

写真家ジョゼフってどんなハンター?

写真家ジョゼフは上級者まで戦えるハンター!

初心者おすすめ度★★☆☆☆
序盤★★★★☆
救助狩り性能★☆☆☆☆
ダブルダウン性能★★★☆☆
解読圧★☆☆☆☆
通電前★☆☆☆☆
通電後★★★★☆
総合評価

基本情報

外在特質

写真世界
カメラを使って撮影し、撮影した時点のサバイバーとフィールドを複製した写真世界を作り出す。
ジョゼフは写真世界に入り、鏡像のサバイバーを椅子に拘束することが出来る。
また、サバイバーもカメラの残留映像から写真世界に入ることが出来る。
写真世界は1分間の間継続し、写真世界が崩壊すると、サバイバーは己の鏡像が受けたダメージの半分が反映される。
例(写真世界で椅子に拘束→ダウン状態が反映)
 (写真世界でダウン状態→1ダメージが反映)
写真世界の効果時間中に進めた暗号機の解読は、写真世界が崩壊すると進めた分の解読進度が半減する。
時空重畳
通常攻撃のダメージが1.5倍になる。

形態変化(スキル)

名前存在感CT
写真世界040秒
瞬影留痕10008秒
時空残像250010秒

・瞬影留痕

任意の場所で現実世界と写真世界を移動することができる。

 

・時空残像

通称パラパラとも呼ばれる。

移動時に15秒間の痕跡を残す。スキルボタンを長押しすると、押した時間の長さに応じて過去の位置まで戻ることが出来る。

時空残像後、最も近いサバイバーにカメラ方向が固定される。これを利用した索敵をパラパラ索敵と呼ぶ。

ジョゼフのダメージ計算を理解しよう!

ジョゼフの特徴の一つとして、

時空重畳の効果により常時ダメージ量が通常ハンターの1.5倍(75%)であることが挙げられます。

そのため、ジョゼフの攻撃を受けたサバイバーが回復行動を行ったとしても、25%ダメージが残った状態となります。

加えて、上記の通り写真世界内でサバイバーを攻撃すると、写真世界崩壊時に与えたダメージの半分が反映されるといった能力を持っています。

鏡像に攻撃を与えた状態で写真世界が崩壊すると、75%ダメージは37.5%の負傷ダメージとして反映されます。

この回復できない37.5%のダメージ量が全体負荷の肝となります。

37.5%のダメージを受けたサバイバーは例え傭兵だとしても

37.5%+75%=112.5%ダメージとなるので即ダウンさせることが出来ます

写真世界で鏡像のサバイバーをダウンさせてしまうと,

これは崩壊時に50%のダメージとなり、回復が行える量となってしまいますので、鏡像への攻撃は一撃、または椅子に吊ってしまうことを心がけましょう。

※なお、例外として医師とバーメイドは25%ダメージを回復することが出来るので、この2名のどちらかが対戦相手にいる場合は注意が必要です。

写真家ジョゼフの立ち回り解説!

ジョゼフの立ち回り方にはチェイス型予測型の2種類があります。
この二つの大きく異なる点は序盤でありその後は使い分けになってくるので
今回はそれぞれの序盤の動きを解説いたします。
中盤以降はそれぞれの型を使い分けながら戦うことによって、試合の流れを自分のものとしましょう。

チェイス型

チェイス型の初動は2通りあります。

まずは素殴り型
ゲーム開始後すぐに写真をとり、写真世界か表世界どちらか好きな方でサバイバーに近付いてチェイスを行います。
写真世界から近付いて奇襲を狙う方法や、裏殴り型と併用する事でサバイバーのダウンを目指す方法です。

次に裏殴り型
初動はすぐに写真を撮るか、サバイバーのスポーン位置に向かいサバイバーを目視してから写真を撮るかの2パターンがあります。
スポーン位置によっては最大4人に攻撃といった初動から強力な動きができる前者に比べて、

沢山のサバイバーを攻撃して回ることは難しいですが、誰の鏡像も見つからないということを避けられる後者も慣れない間はオススメです。
出来るだけ多くのサバイバーを殴ることによって、
スタートから全体圧で救助に来れないといったことを目指せる最もスタンダードな初動です。

 

予測型
極めた予測型はもはやチートと言われるほどサバイバーは太刀打ちできません。
しかし、外した時のリスクは大きくギャンブルに近いです。
というのも予測型の立ち回りは、最初に写真を撮り、写真世界で鏡像のサバイバーを吊って崩壊後にダウンしたサバイバーの場所を予測して、瞬間移動などで確実に拾いに行くという方法です。
予測が当たればチェイス時間0秒でサバイバーを椅子に吊る事ができます。
予測が外れれば瞬間移動を無駄に消費し、サバイバーは完全回復してしまうでしょう。
なので、裏殴り型の立ち回りを行いつつ予測型を行う事でリスクを分散させましょう。

そんなリスキーな予測型が少しでも成功する方法を紹介します。

予測型の立ち回りで重要なのは情報と推理力です。
ではどんな情報が必要かというと、必要な情報は5つあります。

 

1つ目は全サバイバーのスポーン位置の把握と解読機の位置です。
試合開始のスポーン位置で大体どの辺に4人のサバイバーが居るかイメージをしましょう。
そして写真を撮りながら暗号機の位置を確認して、スポーン位置から一番近い暗号機を覚えます。
写真世界崩壊前に暗号機の揺れを確認し、揺れている暗号機の場所と数を確認します。
写真世界崩壊後に暗号機の揺れを確認し、揺れている暗号機の数を確認します。

崩壊前に揺れていた暗号機が崩壊後に止まっている場合は、
そこで回復を行っているor回復に向かっているサバイバーが居る可能性が高いです。
回復を目の前で行っている場合はダウン者を拾ってしまうだけですが、
他サバイバーがダウン者を回復しに向かっている場合で、向かってきたサバイバーを簡単に攻撃できそうな時は、攻撃後にダウンしたサバイバーを拾いに行きましょう。
攻撃できない場合は深追いせずに、向かっていたであろう場所にまっすぐ向いましょう。
瞬間移動後に真っ直ぐ一直線の足跡があれば、その先にダウンしたサバイバーがいる可能性が高いです。

 

暗号機が3つ揺れている場合は、揺れ具合を見て、揺れが激しいところは二人以上で解読していた確率が高くなります。(※心眼等の解読が早いサバイバーがいた場合その限りではありません。)
揺れ具合に差がなければ、元々そのサバイバーが居た場所にダウンしているか確認に向かいつつ、その間に暗号機の揺れを確認します。
ダウンしているサバイバーが見当たらない場合は
反対側に瞬間移動してみましょう。
瞬間移動後も暗号機の揺れの確認を忘れずに行いましょう。

 

2つ目は写真世界の鏡像の最初の向きです。
隠れているサバイバーはこの限りではありませんが、
隠れるのが間に合っていないサバイバーはその鏡像が向いている方向に逃げている可能性が高いです。

 

3つ目はカラスです。
カラスはサバイバーが通ると飛びたち、20秒ほどで戻ってきます。
カラスがいない、もしくは戻ってきた場合は、そこを通ったサバイバーが居るということです。
それがダウンしたサバイバーなのか回復者なのかを推測し、ダウンしたサバイバーを探しましょう。

 

4つ目は他のサバイバーです。
例えば暗号機から離れてわざわざよく分からない方向に走っていくサバイバーが遠目に見えた場合、その先にダウンしているサバイバーがいる可能性が高いです。
ダウンしたサバイバー以外のサバイバーも
ダウンサバイバーを探す際のヒントとなります。

 

5つ目は経験です。
上記4つの内容を踏まえて試合を重ね続けることによって
ダウンしたサバイバーがどこに逃げたか、どこでダウンしたか
大体のパターンが見えてくるようになります。
それ程までに徹底して極めることが出来れば、誰がどこで何をしているかが手に取るように分かるようになり、試合のコントロールをしやすくなります。

 

写真家ジョゼフは初動が命!初期スポーン位置を覚えよう!

ジョゼフは、ゲーム開始直後に写真を撮って写真世界の中に入り、サバイバーの鏡像にダメージを与えていくのが鉄板です。

その為、マップ上の写真機の場所と、サバイバーの初期スポーンを完全に記憶しておく必要があります。

完全に記憶するのは至難の業ですが、これによってジョゼフの写真世界の力を最大限に発揮できます。

ゲーム開始後、速攻で鏡像を3人、もしくは4人攻撃できるようなことがあれば、序盤で勝ちが確定すると言っても差し支えありません。

その為にもマップや初期スポーンを覚えこみましょう。

また、鏡像には耳鳴りが反応しませんが、左上のレーダーに、赤い点が表示されるようになっていますので、レーダーをよく見るようにしましょう。

ジョゼフ【写真世界の赤点】

カスタムで全マップのサバイバーとハンターのスポーン位置を確認が出来ます。

シングルトレーニングモードでも確認することが出来るのでぜひ活用しましょう。

写真家ジョゼフは写真世界からの奇襲が強い!

写真世界で鏡像を見つけられない場合や、写真世界崩壊までに時間が余る場合は、

解読音が聞こえる暗号機に、写真世界内から近づいて写真世界の崩壊、もしくは現実世界に攻撃ボタンを押しながら出ることによって、解読恐怖を狙いましょう。

写真家ジョゼフは1人を追い切るよりも全体圧を意識しよう!

ジョゼフの理想の試合展開は、2回目の写真を撮るタイミングで、

1人を椅子に吊り、なおかつ全体負荷がかかっていることです。

その為にも、チェイスで追い切るのが難しいと感じた場合は、

暗号機の揺れを見て写真を撮り、追っていたサバイバーの鏡像をダウンさせて風船状態で持ち運びながら揺れている暗号機に向かい、

解読しているサバイバーの鏡像を攻撃して全体圧を広げましょう。

写真世界の時間に余裕がある場合は、先に風船状態のサバイバーを椅子に吊ってから

現実世界で解読しているサバイバーに解読恐怖を狙い、

失敗したら、写真世界で解読しているサバイバーの鏡像を吊ると、2人のサバイバーがダウンしている状態を作り出せます。

写真は撮れるときにこまめに撮ろう!

ジョゼフの写真は、サバイバーをダウンさせる以外にも解読妨害に使えます。

写真世界崩壊時に写真世界効果時間中に進めた解読進度が半減するだけでなく、

サバイバーが奇襲を警戒して解読を躊躇することも狙えます。

写真は積極的に撮りましょう。

サバイバーの索敵には時空残像を使おう!

ジョゼフの時空残像、通称パラパラは使用した際に最も近いサバイバーの方向を向きます

ダウンしているサバイバーや、負傷しているサバイバーの位置をパラパラで索敵し、サバイバーをすぐに見つけ出しましょう!

椅子に吊ったサバイバーにも反応するので、椅子付近でのパラパラは注意しましょう。

ジョゼフ【パラパラ索敵】

時空残像はチェイスにも使えます!

グルチェ対策にもなるので是非使いこなしましょう!

ジョゼフ【時空残像チェイス】

キャンプ時は救助者を確実に一撃入れよう!

ジョゼフは通常攻撃で本来1ダメージ50%のところ、75%のダメージを与えられる唯一のハンターです。

サバイバーが回復できるダメージは50%ずつしか回復できないので、回復行動を行ったとしても25%ダメージが残った状態となります。

この仕様により、次にそのサバイバーを追いかけるときには、例え回復を行っていたとしても一撃でダウンさせることが出来る状態となります。

なので、救助された後の試合展開のことも考えて、救助に来たサバイバーには確実に一撃与えておくようにしましょう。

救助狩りよりダブルダウンを狙おう!

ジョゼフは「恐怖の一撃」以外で救助狩りをするには、

中距離キャンプを行い、1ダメージ与えた後に瞬間移動で椅子に戻って、

ふたたび攻撃を行う、といった方法でしか救助狩りができません。

狙える場合は狙っても問題ありませんが、

椅子に吊った後写真を撮っていれば、現実世界で救助されたとしても、

写真世界崩壊時に、写真世界の椅子に吊られているサバイバーの鏡像が救助されていない場合、救助されたサバイバーはダウンします。

なので、焦らずに救助に来たサバイバーを攻撃し、

救助後にもう一度攻撃してダウン状態にしてしまいましょう。

ジョゼフは全ハンターで一番攻撃硬直が短いのでダブルダウンがかなり取りやすいです。

その際、救助されたサバイバーがどこに行ったか見失わないようにしましょう。

おおまかな方向だけでも把握していれば、パラパラ索敵で見つけられる可能性が高くなります。

そうすることで2人のサバイバーをダウン状態にすることが出来るので

落ち着いてダブルダウンを狙いましょう。

1人飛んだ後は写真を撮りつつ解読機を守ろう!

ジョゼフはチェイス能力が低いハンターなので1人脱落させた後でも、

次のサバイバーを捕まえるまでに時間がかかると、引き分けや負けになってしまう可能性が高くなります。

なので1人脱落させた後も、油断せずに揺れている暗号機を確認して

写真を撮り、裏世界からの奇襲を狙って、もしも奇襲に失敗した場合は

写真世界の暗号機を解読している鏡像に攻撃をし、風船状態で持ち運びつつ他のサバイバーの鏡像を探しましょう。

鏡像は風船状態だともがくことができず、尚且つ風船状態での攻撃動作には攻撃後の硬直がないため、落ち着いて行動しましょう。

写真世界が崩壊するまでに、風船状態のサバイバーを吊ってダウン状態にし、

パラパラでサバイバーを索敵しましょう。

これを繰り返しているとサバイバーは解読が出来ず、

全体負荷が完成するので1人飛ばしても油断せずに堅実に試合を進めましょう。

暗号機が残り1台になってからは、無限パラパラを使いながら暗号機妨害することで

2台の暗号機を短時間で守ることが出来るのでおすすめです。

 

※ジョゼフのパラパラは1秒~15秒前の自分の居た場所に戻る能力があるので、

まず片方の暗号機に向かい瞬間移動を行います。

そこにサバイバーが居なかった場合パラパラで瞬間移動前の暗号機に戻ります。

そしてそこにサバイバーが居なかった場合またパラパラを行い

瞬間移動後の暗号機に戻ります。

これをジョゼフは無限に行うことが出来、通称無限パラパラと呼ばれています。

サバイバーが居てもダウンまでが難しそうな場合はすぐにパラパラで戻りましょう。

パラパラが切れてしまうともう一か所の暗号機に戻れなくなってしまいます。

タイミングが難しいですが、マスターすると通電後でもゲート間の無限パラパラで、

サバイバーを焦らせることが出来るので、ぜひ使えるようになりましょう!

コツとしては足元の白く光っている位置に戻るので足元の光が消えた瞬間に放しましょう

クールタイムが終わると同時にパラパラを押さないと途切れてしまいますので注意しましょう

なれると足元を見なくても感覚で出来るようになります。

ジョゼフ【無限パラパラ】

通電後はゲートを時空残像で守ろう!

通電後のジョゼフは、ジョゼフの能力だけでは機動力が無いので引き分けや負けになりやすいハンターです。

しかし、特質の瞬間移動と組み合わせると両ゲート間を無限パラパラで行ったり来たりが出来るので、サバイバーはゲートを開けることが出来なくなります。

焦ってゲートを開けようとするサバイバーを確実に仕留めていきましょう。

写真家ジョゼフのおすすめ内在人格!

写真家ジョゼフの人格は大きく分けて二種類!上下型か右下型!

裏表カードで最初に選んだ特質を、任意のタイミングで違う特質へ変更でき、

通電後は引き止めるでサバイバーを一撃でダウンできるのが右下型の強みです。

※画像はスタンダードな右下型の人格。

閉鎖空間で序盤からチェイスを楽にして、

通電後は、引き止めるでサバイバーを一撃でダウンさせられるのが上下型の強みです。

※画像はスタンダードな上下型の人格。

写真家ジョゼフは「指名手配」が強い!

ジョゼフは全サバイバーがどこに居て何をしているかを理解していると

試合全体の流れをコントロールしやすいハンターです。

指名手配で誰がどこで何をしているか理解することで写真世界崩壊前に

裏を殴りに行けたり立て直し場所を把握出来たりと様々な行動が出来ます。

極めれば耳鳴り無し人格も!?

ジョゼフは初期スポーンを完璧に覚えれば耳鳴りが無くてもサバイバーを

2人以上にダメージを与える事が可能なハンターです。

後は暗号機の揺れや経験や時空残像でサバイバーを索敵できれば、耳鳴りが必要なくなる場合があります。

写真家ジョゼフのおすすめ特質!

神出鬼没でチェイス性能を補おう!

ジョゼフはダメージ量が75%であったり、写真世界からの奇襲や解読遅延等の強力な能力を有していますが、基本のチェイス性能に関してはあまり優秀とはいえないハンターです。

そのため、チェイス性能を補えるような特質がおすすめです。

神出鬼没であれば、サバイバーの意表を突いた立ち回りができるので、積極的に採用しましょう。

写真家ジョゼフは瞬間移動が強い!

ジョゼフと瞬間移動の相性は抜群です!

立ち回り解説に記載した通り、時空残像を用いて両方のゲートを守ることができます。

写真家ジョゼフの対策はダメージの管理が大切!

※こちらはサバイバー向け情報です。

ジョゼフの強みは全体負荷をかけてくることです。

解読を焦るのではなく、落ち着いてダメージ計算をしながら立て直しを優先することでジョゼフの全体負荷を回避しましょう。

医師やバーメイドなど49%ダメージ以下でも回復できるサバイバーが居ると対策がしやすいですが、いない場合は写真世界でダメージを負ったサバイバーの回復や、隙を見て写真世界で吊られたサバイバーの救助に行くことで全体負荷を無くせるように動きましょう。※写真世界のサバイバーを救助後すぐに写真世界が崩壊した場合25%ダメージが残るのでジョゼフに殴られると1発でダウンしてしまいますので注意

ジョゼフ戦ではサバイバー4人の連携がとても大切になります。

絶え間なくチャットを送って互いの位置を把握し、立て直しや解読を行いましょう。

ジョゼフとチェイスになった際は距離を取るチェイスを意識することで、

チェイス時間を延ばすことが出来ます。

また、板裏のサバイバーを攻撃する能力はとても弱く、

板場では殆どが引き打ち狙いの攻撃をしてくるので、焦って板を倒さずに相手が攻撃を空ぶったのを見てから倒す事で板当て等も狙えます。

まとめ

ジョゼフは写真世界によって解読遅延、全体負荷をかけてじわじわとサバイバ-を追い詰めていくタイプのハンターです。

写真世界のルールや仕様は、サバイバー側もチェイスや回復量調整等に利用してくるので、動きを予測し常に優位に立てるように写真を撮っていきましょう。

コメント

  1. […] 【写真家】ジョゼフ […]

タイトルとURLをコピーしました